クイックゲル化食品 ミキサーゲル ミキサーゲルで作るムースゼリーは 「おいしさ」「やわらかさ」「まとまり」「適度な付着性」に優れた画期的な食事形態です

ミキサーゲルで作るムースゼリーとは
「おいしさ」「やわらかさ」「まとまり」「適度な付着性」「経時的安定性」に優れ、状況に応じてその場でテクスチャーを調整することもできる安心・安全の食事形態です
  • ミキサーで混ぜるだけ
    ミキサーゲルってなに?いろんな食材をミキサーにかけるだけで、飲み込みやすいやわらかゼリーができます。冷たいままでも温かいままでもその場で調理出来ますので、ミキサーがあれば誰でも簡単にかいご食を作れます。ミキサーゲルの添加量の目安 約40℃以上 温かい食材の場合0.6%~1.0% 約40℃以下 冷たい食材の場合1.0%~2.0% ミキサーゲルの使い方 冷たいものも温かいものも ミキサーで15秒撹拌↓1分放置↓15秒撹拌 添加量の計算  %表示の電卓を使います 例 食材75g 水分75g 合計150×1.5%=2.25gミキサーゲル ●添付の計量スプーンを目安にしてください5㏄計量スプーン すり切り1.5g 10cc計量スプーン すり切り3.0g
  • 1 食材にミキサーゲルを加えます 2 撹拌します(15秒以上) 1分以上しばらくおきます 3 再度撹拌します(15秒以上)4 盛りつけて出来上がり(5分程度で安定します)
    手で混ぜるだけ
NEWミキサーゲルのレシピ

調理上の注意

●食材の水分量や温度により出来上がりの固まり方が多少異なることがありますので、食品の種類や温度状態により添加量・加水量を調節してください。●みそ汁やスープなど高温で調理した食材は、50℃以下に冷ますと固形化してきます。●泡立て器・スプーンなどで混ぜる場合、膨潤後かき混ぜすぎるとムースゼリーがゆるくなる場合がありますのでご注意ください。●ミキサーの種類や容量の違いにより、固形化する時間や出来映えに多少の違いが生じますので必ず確認してください。●熱い食品をミキサーにかける際は、ミキサーの破損やヤケドに注意してください。●ミキサーの撹拌中は指やスプーンなどは絶対に入れないでください。●ミキサーの使用前後の洗浄及び殺菌など、衛生管理を充分に行ってください。

使用上の注意

●のどに詰まった場合は直ちに救急に連絡し、指示にしたがって応急処置をしてください。●本製品を使用しても飲食物の気管への進入(誤嚥)を確実に防げるものではありませんので、必要に応じて専門の医師、管理栄養士等にご相談の上、適切にご使用ください。●粉末のままでは絶対に口に入れないでください。のどに詰まる恐れがあります。●本製品は幼児や意識障害のある方の手の届かないところに保管してください。●本製品を使用して調理された食品をお子様や嚥下機能の低下されている方に提供される前に、必ず品質等の確認を行ってください。●本製品を溶かした際にダマやかたまりができた場合は必ず取り除いてください。のどに詰まる恐れがあります。●調理された食材は衛生上お早めにお召し上がりください。●本製品中の食物繊維の作用により、体調や体質によってはお腹がはったり、ゆるくなったりすることがあります。このような場合はご使用を控え、専門の医師等にご相談ください。●直射日光のあたる場所・湿度の高い場所・冷蔵庫での保管は避けてください。●品質には万全を期しておりますが、内容物の色・におい・味に異常が見られる場合や内袋が破損している場合は使用しないでください。

特許修験中

●スティックタイプ(3g×50本)●スタンディングパウチ(700g)

名  称 クイックゲル化食品
原材料名 デキストリン
グルコマンナン
増粘多糖類
賞味期限 製造日より2年
保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください
商品規格
スティック分包
3.0g×50本×10箱/ケース
スタンディングパウチ700g×6袋/ケース

■100gあたりの栄養成分

エネルギー 235kcal ナトリウム 698mg
たんぱく質 1.8g カリウム 118mg
脂  質 0g カルシウム 28mg
糖  質 56.8g マグネシウム 17mg
食物繊維 31.5g リ  ン 52mg
  • ミキサーゲルの特長
  • NEWミキサーゲルのレシピ

ミキサーゲルを用いたVF映像

動画でご覧いただけます

従来のゲル化剤で作成したバリウムゼリーでは口腔内でバラけてしまい、そのバラけたゼリーが喉頭に残留している。その後ミキサーゲルで作成したバリウムゼリーでは、まとまりが良く口腔や咽頭をスムーズに通過した。
また、先に咽頭残留した食塊も取り込んで送り込むことができ、交互嚥下としても利用できた。

■考察

非温度依存性即席ゲル化剤ミキサーゲルは、従来製品の温度依存ゲル化剤と異なり、さまざまな食材を『冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま』ゲル化できることから利便性に優れている。
また、今回使用したカルピスウオーターのバリウムゼリーの物性は、硬さ2.1×10³N/m²、凝集性0.61、付着性2.9×10²Jm³と嚥下食に適している。
今回のVFの結果より、口腔、咽頭の通過が良く、誤嚥の危険性も少なく、嚥下障害患者に適した食材であると考えられる。

■まとめ

ミキサーゲル®は、

1、
嚥下開始食や検査食として使用できる。
2、
嚥下食の調理の際、利便性に優れており、更にVF検査時も、従来のバリウムゼリーと比べ、簡便に作成できる。
3、
交互嚥下としても利用しやすい。

といった特長が認められた。

和歌山県立医科大学付属病院紀北分院
脳神経外科 大饗 義仁 (おわい よしひろ)

関連する資料を以下のボタンよりPDFファイルにてご覧いただけます

VF用バリウムゼリーの作り方

  • MiyaGen on-line shop オンラインショップのご利用はこちら
  • 無料サンプルのお申込みはこちら ミキサーゲル かたまるくん トローミファイバー からだに食物せんい
  • みやげんぶろぐかいご食の最新情報
  • おうちで作るかいご食の本
  • 嚥下食Q&A
  • みやげん通信

ミキサーゲルのかいご食の作り方

  • お粥 パン粥
  • 肉・魚
  • 惣菜
  • 野菜
  • 果物
  • 飲み物
  • 無料サンプルのお申込みはこちら
  • FAX 注文書
  • お問合せ
  • MiyaGen オンラインショップ